【ポケ神チャンネル】コライドンexデッキ紹介!

はじめに

こんにちは、ポケ神チャンネルのとーまです。
今回はコライドンexデッキを紹介したいと思います。
本的な使い方、相性がいいカードなどもまとめて、初心者さんにもわかりやすく解説していきます。
一生懸命執筆しているので、是非最後まで読んでくださいね。

簡単ライン査定

基本的な使い方

メインアタッカーはコライドンexです。

ワザ「カイザータックル」が強力なので、連打できるようなデッキコンセプトにしました。

2ターン目からワザ「カイザータックル」を使えるようにデッキを回しましょう。
カイザータックルは闘エネルギー2枚と炎エネルギー1枚で使えます。

コライドンexの特性「ディノクライ」やオーリム博士の気迫を使って、ワザ「カイザータックル」の使う条件を満たしましょう。

基本的な回し方

序盤は基本闘エネルギーをトラッシュに送り、オーリム博士の気迫を使えるように準備しましょう。

一体目のコライドンexが倒されると、試合展開に追いつけないので、基本的にオーリム博士の気迫やスナノケガワexの特性「じりょくきゅうしゅう」からエネルギーつけかえを使って、コライドンexを育てましょう。
中盤、終盤のかがやくリザードンも強力なので、活用していきます。

デッキレシピ

▶デッキレシピ(ポケモンカード公式ホームページ)
デッキコード「ingggi-YYS3bl-HHgPnL」

採用理由

コライドンex3枚

コライドンex

ワザ「カイザータックル」が強力です。
ワザ「カイザータックル」は280ダメージ出せて、たねのexポケモンやVSTARポケモンを一撃で倒せます。
基本的にワザ「カイザータックル」を連打してサイドを取りましょう。

スナノケガワex2枚

スナノケガワex

特性「じりょくきゅうしゅう」が優秀ですので、2枚採用しました。
特性「じりょくきゅうしゅう」は、相手のサイドが4枚以下なら自分のトラッシュから基本闘エネルギーを1枚つけられます。

特性「じりょくきゅうしゅう」で加速した基本闘エネルギーを、エネルギーつけかえを使用して、他のアタッカーを育てましょう。

ハバタクカミ1枚

ハバタクカミ

特性「あんやのはばたき」は相手バトル場の特性をなくせます。
キュワワーやウッウなどの対策として1枚採用しました。

ロスト系統のデッキに対して序盤からワザを使っていきたいポケモンです。
古代ポケモンですので、オーリム博士の気迫で加速ができる対象で序盤からもワザを使っていきやすいです。

かがやくリザードン1枚

かがやくリザードン

特性「エキサイトハート」ワザ「かえんばく」共に優秀です。
特性「エキサイトハート」は相手がすでにとったサイドの枚数ぶん、このポケモンがワザを使うためのエネルギーは少なくなります。

少ないエネルギーでワザ「かえんばく」の250ダメージを出していき、Vポケモンやたねのexポケモンであれば一撃で倒していきましょう。

イキリンコex1枚

イキリンコex

特性「イキリテイク」で最初のターンであれば手札をトラッシュして6枚引けます。
最初の手札が弱いときや、次のターンにデッキを回せるカードがないときに特性「イキリテイク」を使用しましょう。

ネオラントV1枚

ネオラントV

特性「ルミナスサイン」で自分の手札からこのポケモンをベンチに出したとき、山札から好きなサポートを手札に加えられます。
ハイパーボールなどからサポートに触れるため、デッキの安定性を上げられます。

ネストボール4枚

ネストボール

山札からたねポケモンをベンチにだせます。
アタッカーや戦いのサポートしてくれるポケモンをベンチに出しましょう。

ハイパーボール2枚

ハイパーボール

手札を2枚トラッシュして、好きなポケモンを山札から手札に加えられます。
アタッカーや戦いのサポートしてくれるポケモンを手札に加えましょう。

大地の器4枚

大地の器

このカードは自分の手札を1枚トラッシュしなければ、使えません。
自分の山札から基本エネルギーを2枚まで選び、手札に加えられます。

序盤からエネルギーを手札に加えて、トラッシュに送ったり、手札からエネルギーを貼りたいので、採用しました。

トレッキングシューズ4枚

トレッキングシューズ

基本エネルギーをトラッシュしたいデッキですので、4枚採用です。

エネルギーつけかえ4枚

エネルギーつけかえ

自分の場のポケモンについている基本エネルギーを1個選び、自分の別のポケモンにつけ替えられます。
オーリム博士の気迫やスナノケガワexで加速したエネルギーをアタッカーに付け替えましょう。

ポケギア3.0 4枚

ポケギア3.0

自分の山札を上から7枚見て、その中からサポートを1枚選び、相手に見せて、手札に加えられます。
オーリム博士の気迫を連打したいデッキですので、採用しました。

いれかえカート2枚

いれかえカート

たねポケモン限定のいれかえ札です。
ポケモンいれかえと違い、たねポケモン限定ですので、進化ポケモンには使えません。

しかし、いれかえたポケモンのHPを30回復できるメリットもあります。
非exのデッキに対して強力で、受けたダメージを回復することで、相手からのワザに耐えられる可能性があります。

プライムキャッチャー1枚

プライムキャッチャー

ACE SPECカード。
※ACE SPECカードとはデッキに1枚しか入れられないカードです。

相手のベンチポケモンとバトルポケモンをいれかえた後に、自分のバトル場のポケモンとベンチポケモンを入れかえられるグッズです。

序盤から終盤までほぼどのタイミングで使っても、強力なカード。
序盤では相手がベンチで育てているポケモンを倒したり、終盤では自分の残りサイドが1枚の状態で相手バトルポケモンがHPの高いポケモンで倒せない場合に、ベンチポケモンを呼び出して倒し、試合を決められます。

ともだちてちょう1枚

ともだちてちょう

終盤にサポートを山札に戻して再利用するために採用しました。

すごいつりざお1枚

すごいつりざお

ポケモンや基本エネルギーを山札に戻して再利用するために採用しました。
リソース回復として優秀なグッズですので、トラッシュするタイミングに気をつけましょう。
アタッカーやエネルギーが足りているなら、トラッシュしても問題ありません。

森の封印石1枚

森の封印石

Vポケモンにつけて、VSTARパワーで好きなカードを手札に1枚加えられます。
VSTARポケモンを採用しておらず、VSTARパワーが余っているので、森の封印石を1枚採用しました。
ネオラントVにつけてVSTARパワーを使用しましょう。

オーリム博士の気迫4枚

オーリム博士の気迫

自分の「古代」のポケモンを2匹まで選び、トラッシュから基本エネルギーを1枚ずつつけ、その後自分の山札を3枚引きます。

コライドンexなどに加速しながら、山札を3枚引けます。
オーリム博士の気迫を2ターン目に使えると、コライドンexやハバタクカミのワザの使える確率があがるので、4枚採用しました。

ナンジャモ2枚

ナンジャモ

序盤は安定して山札を回せて、中盤、終盤には強力な手札干渉サポートです。
序盤にトラッシュしたくないカードが手札にきても、トラッシュせず山札を進められます。

ボスの指令2枚

ボスの指令

相手のベンチポケモンとバトル場のポケモンを入れ替えられます。
ゲームエンドのためや相手がベンチで育てているポケモンを倒すことで試合を有利に進められたり、手札が悪いときに逃げるエネルギーが多いアタッカーではないポケモンをバトル場に縛って、いれかえなどのカードを要求できます。

ポケストップ4枚

ポケストップ

おたがいのプレイヤーは、自分の番ごとに1回、自分の山札を上から3枚トラッシュする。
その場合、その中にあるグッズをすべて、相手に見せて手札に加えられます。

グッズが多く採用されており、トラッシュにエネルギーを溜めたいデッキですので、4枚採用しました。

基本闘エネルギー7枚

基本闘エネルギー

コライドンexを育てるために7枚採用しました。

基本炎エネルギー5枚

基本炎エネルギー

コライドンexやかがやくリザードンを育てるために5枚採用しました。

相性がいいカード

テツノカイナex

テツノカイナex

かがやくゲッコウガ

かがやくゲッコウガ

今回はどちらとも採用を見送りましたが、オーリム博士の気迫、スナノケガワexでエネルギー加速ができるので、雷エネルギーや水エネルギーを採用することでエネルギーつけかえからワザを使えます。

対策方法

非exポケモンでコライドンexを倒すか、2進化exポケモンで耐えてコライドンexを倒しましょう。

コライドンexのワザ「カイザータックル」は良くも悪くも280ダメージしか出せません。
VSTARポケモンに対しては一撃で倒せますが、2進化のexポケモンは一撃で倒せません。
カイザータックルを使うと自身にも60ダメージを受けてHPが170となります。

2進化exポケモンで耐えて、倒すか非exポケモンでコライドンexを倒すとサイドレースを有利にできます。

おわりに

今回はコライドンexデッキを紹介しました!
ぜひこのコラムを参考にコライドンexデッキを作ってみてくださいね!
最後まで読んでいただきありがとうございました。

プレイズからのご案内

プレイズではポケカの買取を強化中!
ポケカ専任の買取担当が、あなたの大切なポケカを丁寧に査定します!
LINEで気軽に査定できますので、ぜひお試しください!

簡単ライン査定

ポケ神チャンネルとーま